読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もじさんぽ

絵本の読み聞かせと育児を楽しむ日記

赤ちゃんが泣きすぎて声が枯れてきた・・・

 

生後3週間を過ぎた我が家の赤ちゃんですが、最近日中起きている時間が長くなり、ミルクを飲み終わったにもかかわらず、泣き続けるといったことが続いています。

最初は、ただただ泣いているだけですが、だんだん声量もエスカレートして、本格的に泣いていると声がかすれてきてしまいます。なんで泣いているのかわからないので、泣き止ませることもできず、泣き続ける赤ちゃんの喉が心配になってきます。

 

声が枯れてしまって、大丈夫なのか

調べて見たら、ただの泣きすぎで喉が枯れるのは問題ないみたいです。

ただし、他に体調が悪そうだとか、熱があるとか別の症状と一緒の場合は、医師に見てもらいましょう。

ただの泣きすぎであれば、放っておけばそのうち治るそうです。ただし、冬の乾燥する時期は、喉のケアのために湿度に気をつけましょう。灯油ヒーターつかっぱなしにしていると乾燥しますからね。

我が家ではティファールの電気ポットでお湯を沸かして、蓋を開けた状態で放置していたりします。1時間に1回くらいやっています。温度計や湿度計を買ったほうがいいんでしょうかね。

 

それでも出来るだけ泣かないように気をつける

それでも出来るだけ、赤ちゃんにとってもあまり大声で泣かないようにできたらいいですよね。理由が全然わからないギャン泣きは精神も削られている気がします。

ここ数日、日中に泣き止まない赤ちゃんでしたが、この記事を書いている間に、ふと「寒かったのかな?」と思って、おくるみで巻いてあげたらピタッと泣き止みました。今はスヤスヤ眠っています。平和になりました!

我が家では、こちらのスターラップを愛用しています。フリース素材で柔らかいし、洗濯も簡単です。そして何より、着せた時の赤ちゃんが可愛い笑。

こんな感じで、日々、なぜ泣いているのかについてトライアンドエラーで試しています。赤ちゃんは泣くのが仕事というけど、泣かないのが一番です。大人としては。