読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もじさんぽ

絵本の読み聞かせと育児を楽しむ日記

読み聞かせをすると出世する?父親必見!音読の効果

子供が生まれたらどうしてもやりたいと思っていることが、子供への読み聞かせです。読み聞かせが子供に与える効果が凄まじいと数々の研究結果も出ています。

読み聞かせの最大の難所は「継続すること」だと思います。毎日読み聞かせをしてあげるとより効果的だそうですが、忙しい会社に勤めているパパさんたちにはちょっとハードルが高いかもしれません。

ただ、ハーバード大の研究結果によると母親が読み聞かせをするよりも父親が読み聞かせをしたほうが、効果が高いことが実証されていたりしますので、パパの読み聞かせ参加は是非ともしていきたいことですね。

父親にもメリットがある!

読み聞かせは子供だけじゃなくて、父親にもメリットがあるんです。それはズバリ音読することによる脳の活性化。音読することによって、脳は視覚、聴覚の2つを同時に刺激され、あらゆるプラスの効果をもたらすそうです。

セロトニンの分泌を促進することによる効果

音読をすることによって、視覚、聴覚が刺激されると同時に、脳内のセロトニンという物質の分泌を促進する効果があるそうです。セロトニンが不足するとやる気が起きない、頭がぼーっとする、落ち込みやすい、ストレスがたまる、夜眠れないなどのネガティブな症状が出てきてしまいます。

セロトニンを分泌させることによって、うつ病や不眠症の予防につながるだけでなく、脳が活性化し、頭がよく回り、ポジティブにものを考えることができるようになります。

脳がフル回転する

音読をすることによって、前頭前野を中心に脳全体が活性化します。物忘れが改善し、常に脳がフレッシュな感覚が得られます。

滑舌がよくなる

しっかり意識して音読することによって、滑舌がよくなるといったことがあるそうです。また、声にハリが出て自分の自信にもつながってきます。

カオスちゃんねる : 毎日30分朗読した結果wwwwwwwwwwwww

【朗報】ランニングと音読をした結果 → コミュ症が治ったったwwwwwwwwwww - かれっじライフハッキング

読み聞かせで一石二鳥

脳の活性化に作用する音読の効果を、子供への読み聞かせすることで同時に得てしまえるのです。

  • 子供への読み聞かせをすることで、子供の脳の発達を促進し、感情豊かな、自学できる子を育てる
  • 親は音読することで、親自身の脳が活性化する
  • どちらも習慣化することが大切。親へも子へも効果があるので、モチベーションアップ

読み聞かせを自分自身への投資と捉えれば、お父さんもやりたくなってきませんか?

読み聞かせの習慣化で良いワークライフバランスのとれたできる人に

子供への読み聞かせを続けるためには、それなりにお父さんは早く帰ってこなければいけません。早く帰らないと子供が寝てしまいますね。仕事を効率良く終わらせて、家で音読すれば、非常に良いサイクルになります。子供の育児に深く関われることに加え、脳が活性化して、声にハリが出て、会議での発言も説得力が出てくるかもしれません。

「〇〇さん、子供できてから変わったね」と言われたら最高ですね。

是非、まずは少しでも初めてみてはいかがでしょうか。