読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もじさんぽ

絵本の読み聞かせと育児を楽しむ日記

生後2ヶ月でスイマーバに初挑戦してみたらまさかの・・・

欲しかったスイマーバを買ってみました!ので早速生後2ヶ月の我が家の赤ちゃんに使用してみました。

 

 

スイマーバとは

スイマーバは赤ちゃんが生まれて初めてエクササイズすることを目的に開発された、うきわ型スポーツ知育用具。
英国で発売以来、世界中の赤ちゃんに愛用されています。(スイマーバ公式サイトより)

赤ちゃんの頃から水に親しんでもらうことで、水への恐怖心を無くしてもらおうという浮き輪です。

また、浴室で使えば、赤ちゃんが湯船の中で運動でき、気持ちよくなれるというもの。

アマゾンで頼んだら翌日に届きました。こちら。

f:id:taris777:20170326201040p:plain

早速膨らませてみるとこんな感じです。

f:id:taris777:20170326184338j:plain

裏面はこんな感じ。

f:id:taris777:20170326184349j:plain

浮き輪の手前の部分が開くようになっていて、カチッとベルトで固定することができます。赤ちゃんに試着させてみてちゃんと顎と後頭部ですっぽ抜けないかどうかサイズを確認しました。問題なし!

 

いざ沐浴

早速沐浴の最後にスイマーバを使ってみました。いつもであれば体を洗った後に浴槽に浸からせています。浸からせるときは僕が赤ちゃんの脇と頭をしっかり持って湯船に浮かべるような感じでやってました。

首の座っていない赤ちゃんに対してスイマーバを使用するときは2人で装着させる必要があり、使用方法にもそのように書いてあります。僕が赤ちゃんを持っている間に妻にスイマーバを装着してもらいました。

 

・・・若干、雲行きがあやしい。赤子先生、グズリだしました。

 

とりあえずこのまま湯船につけてみると・・・

 

 

 

はい。ギャン泣きしました。

 

このままでは水を嫌いになっちゃうんじゃないかと思ってすぐに引き上げました。スイマーバを脱がせて、普通に湯船につけてこの日は終了。

 

う〜ん。まだ早かったかな。

 

一応生後1ヶ月から使用可能であるという説明書きでしたが、まだ水の概念もよくわかっていないような乳児には難しいかもしれませんね。

 

というわけで

次の日もう一回挑戦しました。が、装着まではよかったものの、湯船に入れるとぐずり出したので、これもまた失敗。

赤ちゃんが本当に機嫌がいい時だけ試してみることにします。

夏頃になれば生後半年になりますし、その頃がちょうどいいのかなー。

 

使ってみた感想

水に慣らせたいという目的で購入して試してみましたが、ちょっと早すぎたようです。ポイントはちゃんと機嫌がいいかどうかを確認してから風呂に入れること。そうしないと何度も嫌がるうちに本当にスイマーバ、あるいは水自身が嫌になってしまうかもしれません。それでは本末転倒ですね。

でもスイマーバの公式サイトの乳児たちの姿を見ていると我が子にもやらせてあげたいです。首がすわるくらいまで待ってから再挑戦してみようと思います。

 

ちなみに、スイマーバの会社からは浮き輪の他にもいろんなグッズが出ていてこのベビーバスとか、首が座ったら使いやすそう。これなら一緒に風呂に入って、自分が体洗っている間に一瞬目が離せそうです。