読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もじさんぽ

絵本の読み聞かせと育児を楽しむ日記

我が家で効果的だった赤ちゃんを寝かしつける方法〜世界旅行〜

生後0ヶ月

 

もうすぐ生後4週間を迎えようとしている我が家の赤子先生ですが、日中起きていることが多くなりました。しかも、ずっとグズグズしていて、ミルクを飲ませてゲップを出させてオムツを替えても泣き止まなかったり、常にあやしている日があったりします。

これではなかなか家事もできないし、自分の時間が取れません。

 

そんな中、あることをしたらギャン泣きしていた赤ちゃんがうまい具合におとなしくなって、そのまま寝てくれることがありました。しかも、何度も何度もやって、泣き止む率100%!そのまま寝る率は80%以上!素晴らしい!

名付けて

 

「世界旅行!」

 

世界旅行とは

変な名前をつけましたが、その実態は赤ちゃんを抱っこして家の中をひたすら歩き回ることです。普通にやっているご家庭も多いと思います。赤ちゃんにとっては世界を旅行している気分になっているはず!

具体的には

  1. 赤ちゃんを抱っこする。その時に出来るだけ頭を持ち上げて上体を起こすようにします。こうすることで、赤ちゃんの視界が広がります。
  2. 部屋の中をゆっくり歩き回る。赤ちゃんの目線を追って、何か凝視しているものがあれば、それが何かを説明してあげています。例えば、 「これは冷蔵庫ですよー。白いねー。足くっつけてみましょうねー。冷たいねー。上に乗っているのは電子レンジですよー」 といった感じで、思うままにモノの説明をします。
  3. いろんな家具の前に行って、ひたすら説明をする。5〜10分くらい続ける。

こんな感じです。

これでうちの赤ちゃんはまず100%泣き止みます。そして、そのままベッドに寝かせると、ミルク、オムツ、暑い寒い等の原因じゃないとわかっている場合、結構いい確率で寝てくれます。寝てくれない場合は、もう一度やります。

 

まず、持ち上げて移動し始めた時点で、すでに泣き止んでいます。そして、目がキョロキョロとめまぐるしく動いて、周囲に興味を持ちます。笑ってはくれませんが、赤ちゃんにとっても楽しいんじゃないでしょうか。普段仰向けだったり、横を向いていたり、視界の情報がほとんど変わらない生活をしているので、新鮮なのかもしれないです。

 

ただ、これ、時間がある時にはできますけど、疲れていたり、他に家事をしなくちゃいけない時にギャン泣きされているとなかなかできません・・・

首が座ってくれたらおんぶ紐だったり、抱っこ紐で括り付けてあやしながら家事ができるんでしょうけども。

 

ひとまず効果があるうちは続けてみようと思います。